業務案内

丁寧な説明と安心の報酬設定に自信があります

土地・建物の登記

土地・建物の登記とは

周りにある不動産を見て、「これはAさんの畑だな」とか、「この土地は100㎡だな」などとは分かりません。不動産の物的状況と権利関係を明確にしておかなくては、みんなが自分の都合のいい主張をし、争いになってしまうので、何らかの方法で整備する必要があります。

そのための制度が、『不動産登記制度』であり、法務局というところで管理されている登記簿という書類で、不動産の物的状況と権利関係を整備登録されています。

権利変動があった場合、上記登記簿に登録してもらうため登記申請を行います。ただ、一般的に登記を申請するかどうかは任意(表示登記は義務)で、必ずしなければならないものではありません。申請にあたっては、登録免許税という税金がかかるケースが多いです。

しかし、きちんと登記申請しておかなければ、他人にせっかく取得した権利を主張することができず、後々大きなトラブルに発展する危険性があります。

皆様の貴重な不動産を守り、無用のトラブルを避けるため、我々司法書士に登記申請はお任せ下さい。

不動産登記事例集

ブログ

愛知総合法律事務所について
QRコード スマートフォンサイトへ
簡単アクセス。
上のQRコードをスマートフォンで読み取ってください。スマートフォンサイトへ簡単にアクセスできます。※通信費はお客様のご負担になります。

重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」