業務案内

丁寧な説明と安心の報酬設定に自信があります

相続登記

相続登記とは

不動産の所有者である方が亡くなると、その不動産を引き継ぐ方に名義替えをします。少し法律的な言い方をすれば、被相続人の不動産の所有権を相続人に移転すると言います。この手続きを相続登記と呼んでいます。

相続税の申告期間には、相続開始から10ヶ月という決まりがありますが、相続登記にはそのような決まりはありません。被相続人が亡くなってから、1年後でも構いませんし、5年後、10年後に相続登記手続をおこなうケースもあります。

しかし、不動産の登記名義を替えずに長い時間が経過すると、その後にさらに相続が発生して関係者が増えたり、遺産分割協議がまとまりにくくなったり、また手続きが煩雑になったりすることがあります。

将来的には必要になる手続きですから、早めにご相談いただき、相続登記を済ませることをお勧めします。

相続割合について

家族構成によっては判断が難しいケースもございます。
ご不明な点については、お気軽ご相談ください

法定相続

第1順位 配偶者と子供 配偶者2分の1 残りの2分の1を子供達が分け合う
第2順位 配偶者と親 配偶者3分の2 親3分の1(両親がお元気ならそれぞれ6分の1)
第3順位 配偶者と兄弟姉妹 配偶者4分の3 残りの4分の1を兄弟姉妹で分け合う
※相続割合は、相続人間で話し合い遺産分割協議をすることにより、変更することができます。
 遺産分割協議は、原則、相続人の全員で行う必要があります。

代襲相続

本来であれば、相続人となるはずであった子、兄弟姉妹(兄弟姉妹の場合はその子までに限る)が、被相続人の死亡以前に亡くなっているときに、相続する権利を引き継いで相続することをいいます。

※代襲相続は発生すると相続関係が複雑になります。お早めにご相談ください。

相続登記事例集

ブログ

愛知総合法律事務所について
QRコード スマートフォンサイトへ
簡単アクセス。
上のQRコードをスマートフォンで読み取ってください。スマートフォンサイトへ簡単にアクセスできます。※通信費はお客様のご負担になります。

重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」